節あり材と節が少ない材はどちらが良いのですか?

Q.

  1. ウォールナットダイニングテーブルを検討しています。
    同じデザインで節あり材と節の非常に少ない材の2種類があり、価格が結構違うのですが、具体的な違いやどちらが良いのかを教えてください。
  2. ウォールナット以外の節が少ない材のテーブルは作れませんか?

A.

節あり材と節の非常に少ない材の違いは、節や入り皮の量、のほかに一枚あたりの板の幅が違います。節や入り皮が入っていない箇所をクリアー材と言うのですが、そのクリアー材の面積が広ければ広いほど且つ、板の幅が広いほど木材は高価に取引されます。

木材は、伐採され製材され板になった時点で(広葉樹製材の規格基準として定められた等級)にランク付けされます。
当店では節あり材の木材ランクをナンバーワンコモン(NO.1 COMMON)ランク、節の非常に少ない木材にエフエーエスワンフェイス(FAS One Face)ランクを使用しています。

一番最高ランクはFAS(First And Seconds)材というランクになるのですが、当店のものはワンフェイスランク(One Face)つまり、片面がFASランクを満たすもの、もう片面はNO.1 COMMON以上の基準を満たすものになっております。

NO.1 COMMON (節あり材)

FAS One Face

FAS One Face(節が非常に少ない材)

上記の事から価格の違いが生じます。
ほとんどの家具メーカーはこのいずれかのランクを使用して作っているのですが、高級木材、木目の美しさを売りにしているメーカーはFASランクを使用していることが多いです。ただし、節があるから耐久性が劣るなどと言った事はございません。節や入り皮がある方が木の素材感が感じられやすいから好みという方も多いですので、お好みでお選びいただけたらと思っております。

FAS One Face (レッドオーク)

現在オンラインショップ販売ページでは、節が非常に少ない材はウォールナットのみにしておりますが、オーク材、ハードメープル、チェリー材のご依頼もお待ち致しております。商品ページに掲載していないのは、材料難により入手できない可能性やお届け日がのびる可能性がある為です。お見積りは無料になりますので、その他木材のFASランクをご希望のお客様はお気軽にお問合せしてお尋ね下さいませ。

お気軽にご相談ください。

MUKKUのご注文方法は至ってシンプル。「わが家のここに、こんなテーブルが欲しい」と思ったら、置きたい場所の寸法を測って、ご相談下さい。
無垢の木の魅力を存分に生かした、ぴったり収まるテーブルを、あなたの欲しい仕様で製作します。
ご相談、お見積もりは無料です。 ご希望の方に資料をご送付しています。店舗へ直接お問い合わせいただくか、下記よりお問い合わせください。

Mail→  LINE→  TEL→

関連記事